ヒゲを薄くする方法|半永久的に濃いヒゲや青髭を解消

ヒゲを薄くする方法を紹介!

ヒゲを薄くする方法

毛抜きやカミソリ
・メリット 手軽、費用がかからない
・デメリット 肌荒れ、抜いた時だけ、持続性は無い
脱毛クリーム
・メリット 手軽
・デメリット 顔に使うのは少し危険、持続性は無い
ローション
・メリット 手軽、安い
・デメリット 効果があるのか疑いが強い
脱毛器
・メリット 初期費用が高い、そこそこの効果は期待できる。
・デメリット 効果が弱い。半永久的な効果は難しい。
脱毛サロン
・メリット 脱毛効果が最も高い。半永久的な効果が期待
・デメリット ある程度の費用がかかる。通うのが面倒。

ヒゲを薄くするのに毛抜きやカミソリは有効?

人生は有限!毛抜きやカミソリで人生の時間損失をしていませんか?

まずヒゲを薄くする方法として
真っ先に思い浮かび行動しやすい方法は
毛抜きでの処置や毎日カミソリを使うことです。
これはカミソリは当然のことながら毛抜で毎日ヒゲを抜いても薄くなることはありえません
いつかは毛根細胞が死んで毛が生えてこなくなると言う人もいますがそんなのはごく一部の毛根でありヒゲの毛根細胞は強いこともありいつまでも次の毛が生えてくることになります。

そして毛抜きやカミソリでは頻度が多ければ多いほど肌にダメージを与えてしまい肌荒れ等が目立ってきてしまいます。こうしたこともありヒゲを薄くする方法としては対処療法でしか無いということになります。

そして他に考えておかなければいけないのは
この毛抜きとカミソリでのヒゲの処理でどれだけの時間を費やすのでしょうか?

1回15分の時間がかかるとすると1週間で15分×7日=1時間45分
1カ月で15分×30日=7.5時間の時間を浪費することになります。
これが1年間だと7.5時間×12カ月=90時間の計算になってきます。
これが現在30歳で65歳の定年まで続けると仮定すると90時間×35年=3150時間という時間になってしまい、
その時間は人生の損失と言っても良いかもしれませんよね?
また時給計算でも一般的なサラリーマンが時給2000円だとして3150時間×2000円=630万円という計算になります。

これもこの時間があればこれだけの金額を稼ぐことができる。
又は他のことに人生を費やせるという風にも考えることができるでしょう。 次の項目ではこの時間を減らす為に半永久的にヒゲを薄くする方法を検証していきます。

ヒゲを半永久的に薄くするには?

ヒゲを薄くするローションとかクリームってどうなの?

ヒゲ脱毛クリームはその都度脱毛していく方法なのと顔に使うデメリットの方が大きいので使わない方が良いです。
ヒゲを薄くするローションですがこれもほとんどの場合効果が無いと言ってもよいでしょう。効能的にローションで男性ホルモンの分泌を抑えるというような内容の物がよく記載されていますが現実的に効果があるのかは非常に疑問です。

もしこれが本当で男性ホルモンの分泌を抑制することに成功すればヒゲが薄くなる可能性はあるかもしれません。
ですがそうした場合体内のホルモンバランスを崩します。それは本当に良いことなのでしょうか?
非常に危険だと言わざるをえません。

現実的にヒゲを半永久的に薄くするには毛根細胞を破壊、もしくは休眠させるしか方法は無いと考えます!
この毛根細胞を破壊、又は休眠させるというのに有効なのは脱毛器や脱毛サロンでの処理です。
しかしヒゲのような強い毛に家庭用脱毛器では安全性を高める仕様の為、出力が弱く満足のいく結果にならないのがほとんどです。
その点、脱毛サロンで使用する脱毛器は出力が高くヒゲを有効的に脱毛することができます。
現実的な方法として最もヒゲを半永久的に薄くするには
やはり『脱毛サロン』が有効な選択肢です。

最も有効なのは脱毛サロン!

ヒゲを薄くする方法はいくつかありますが最も有効なのは『脱毛エステサロン』
他の方法よりも脱毛サロンが有効だと考えられる点として
脱毛効果が強い
永久脱毛効果が期待できる
肌トラブル等の安全性に配慮してくれる
以上のことに優位性があります。

ヒゲを薄くするサロンで有効な脱毛方法とは?

ヒゲを脱毛するサロンには各サロンによって脱毛方式が異なってきます!
実は『半永久的な脱毛』をするにはこの脱毛方式の違いが大きく影響してきます
次の項目ではそれぞれの脱毛方式の特徴を挙げていきます。
ヒゲ脱毛サロンの脱毛方式は主に3つ!


美容電気脱毛(ニードル脱毛とも言われる)
毛の一本一本に電気を流し毛根を破壊する方法。
昔からある手法で完全な永久脱毛と呼ばれる方法はコレだけである。施術に技術力が必要なので限られた専門サロンでのみ行われる。
レーザー脱毛
狭い範囲をレーザーで照射して毛根細胞を破壊、休眠させるという方法。
近年ではサロンでのレーザー脱毛を採用しているところが少なくなっています。デメリットはレーザーの光の強さで火傷リスク
肌が弱い方は避けるのがベター。
フラッシュ脱毛(光脱毛)
レーザーよりも広範囲に照射可能で毛根細胞を破壊、休眠させる手法。
レーザーよりも出力が弱い為火傷リスクは少ないが出力が低く完全な脱毛効果を得るには時間と回数が必要
一回辺りの費用は安いがトータルでのコストは割高になる可能性も高い。

ヒゲを半永久的に薄くするには美容電気脱毛がオススメ

ヒゲを薄くするには時間と費用をかければ光やレーザー脱毛も良いでしょう。
しかし光やレーザーでは特に脱毛加減に個人差がありヒゲを薄くするにはどのくらいの時間がかかるのか?というのが難しいところです。
その点ニードル脱毛とも呼ばれる美容電気脱毛では1本1本のヒゲの毛根を破壊していくので効果を見極めながら施術が可能です。
太い毛だけを無くし薄くするのも完全にツルツルにするのもアゴヒゲだけを残すデザインヒゲ等を最も自由自在にできるのが美容電気脱毛なのです。

ヒゲ脱毛サロン3つの選び方

ここでは数あるヒゲの処理ができる脱毛サロンの中で
失敗しない、より効果的にヒゲを薄くすることができるサロンの選び方を紹介していきます。
下記の3つのポイントに注目して選んでいきましょう。
脱毛方式で選ぶ。
上記のようにレーザー、美容電気脱毛、フラッシュと3つの中から自分がしたいヒゲの仕上がりに合わせてその脱毛方式を採用のサロンを選ぶ。美容電気脱毛は仕上がりが万能です。
技術、実績のあるサロンを選ぶ
ヒゲ脱毛はエステティシャンの技術力によって仕上がりが大きく異なってきます。特に技術が必要な脱毛方式の場合その差はより明確になってきます。また大都市近辺と地方都市のサロンでは技術力に差があるのも事実。その差を埋めるべき努力、研修等もしっかりしているサロンを選びましょう。
通える脱毛サロンを選ぶ。
住んでいる地域にもよりますが少し離れているサロンに通うのは心が折れそうにもなります。なるべく住んでいる場所、職場の近くのサロンに通いましょう。ヒゲ脱毛サロンの中には店舗が全国展開をしているサロンも多数あります。

ヒゲを薄くできるメンズ脱毛サロンでおすすめはココ

メンズTBC

ヒゲ脱毛サロン人気No.1
美容電気脱毛を採用し永久脱毛効果も期待できる。
店舗も全国展開していてサロン内の教育も充実。
メンズTBCの詳細へ

ダンディハウス

充実の老舗サロン。メンズTBCほどでは無いが全国に店舗を出店。女性用サロンのミスパリと同系列で実績と技術力も十分期待できる。
ダンディハウスの詳細へ

メンズラクシア

男性専門に特化したサロンで東京都に数店舗しか無いが人気急上昇。脱毛方式は光(フラッシュ)脱毛採用で安価。時間はかかるがヒゲをそこそこ薄くしたい方へ メンズラクシアの詳細へ

メンズTBCが人気の理由を検証!

ヒゲを薄くする脱毛サロンでメンズTBCが人気の秘密とは?

ここではヒゲの脱毛、ヒゲを薄くする方法としての脱毛サロン選びでメンズTBCが多くの方に選ばれて続けている理由を検証してみました。
その結果を簡単にまとめてみると
優れた脱毛方式である美容電気脱毛の採用
業界最高水準の実績
全国に展開している店舗の技術レベルが同等で高い
TBCは社内共有の知識と技術力アップの為の勉強会に注力しており、その結果全国で同等レベルのサービスを提供できているようです。

ヒゲを薄くする方法|補足情報ページ

メンズTBCの『ヒゲ脱毛』口コミと体験談
ヒゲの毛抜きによるデメリット、肌へのダメージとは?
ヒゲを薄くすることによるメリットと成功談
家庭用脱毛器ではヒゲが薄くならない理由とは
ヒゲを完全に無くす脱毛とは?

その他のヒゲを薄くする方法

クリニックでの脱毛を考える方へ!
脱毛クリニックはフラッシュ脱毛採用のエステサロンよりはレーザー脱毛を採用していることもあり脱毛効果が高いです。
ですが火傷リスクや費用が高い、手軽さが無い等のデメリットもあります。
そんなメリットやデメリットもあるけど脱毛クリニックでヒゲを薄くしたいという方へ優良なヒゲ脱毛クリニックを集めて比較してみました。
人気のヒゲ脱毛クリニック比較はこちら