ヒゲを薄くする方法|半永久的に濃いヒゲや青髭を解消

ヒゲを完全に無くす脱毛とは?

光脱毛ではダメ!その理由とは?

『ヒゲを完全に無くす』脱毛方法ですが
"完全に無くす"という前提として、もう同じ箇所からヒゲが生えてこない状態ということです。
現時点ではこの状態にする方法は限られてきます。
カミソリや毛抜きではすぐに生えてきますので完全に無くすという状況にはならないのはもうお分かりですよね?

次に最近女性の間で流行ってきている光脱毛エステですが
これは同じ箇所に何度も毛の黒い部分に反応させるように光を当てていくという手法なのですが
理論的には続けていく内に毛が薄くなっていきます。

ですがこの光脱毛にはリスクがあります。
そのリスクとはずばり『火傷のリスク』です。
光を当てて、その熱で毛乳頭を破壊していくというメカニズムなので
いくら脱毛器の表面に冷却装置や皮膚にジェルのような物で保護をしていても 火傷のリスクから逃れられることは難しいのが現状です。

その為、多くの脱毛サロンでは光脱毛器の照射出力を抑えて当てている状況のようです。
抑えて照射することによって火傷のリスクは軽減できますが今度は肝心の脱毛処理の能力が少なくなってきます。
特にヒゲの部位は体毛に比べ毛が強いこともありなかなか良い脱毛効果を得られないようです。
中には光脱毛で同じ箇所を50回も処理し、それでも満足のいく脱毛効果を感じられなかったという人もいます。
家庭用の脱毛器でも同じ光脱毛方式を採用しているのが主流ですから 理論として同様ですね。

次にクリニックでの医療レーザー脱毛も光の種類が違うだけで
理論的には毛の黒い部分に反応する為、火傷リスクや何度も脱毛の施術を受けなければならないというデメリットもあります。
レーザー照射時に"かなりの痛み"を伴うことです。

では完全にヒゲを無くすことはできないのか?

そんなことはありません。
実は古い手法ではありますがアメリカで生まれた電気脱毛が最も脱毛効果が高く、毛を完全に無くすことに向いています。
毛の一本一本に電気を流し脱毛処理をしていく手法ですが
最も脱毛効果が高く、持続的な効果も期待できます。
より確実に脱毛をしていくには最適な方法なのです。
この電気脱毛はアメリカの政府機関である『アメリカ食品医療薬品局』がその安全性と効果を唯一認め『永久脱毛』と定義しているのです。

ですので永久脱毛と言えば電気脱毛!
現時点ではヒゲを完全に無くすにはこの電気脱毛方式での処理が最も有効だと考えられます。

日本では現在この電気脱毛は名称として『ニードル脱毛』や『美容電気脱毛』と呼ばれサービスを進めています。
この電気脱毛ですが実は、エステティシャンに高度な技術を要求するので
多くの脱毛サロンでは敬遠されがちな技術なのです。

ですがやはり『ヒゲを完全に無くす』為には
この電気脱毛は避けて通れないので技術力や設備のしっかりした脱毛サロンを選んでいくことが ヒゲをもう生えてこない状態にする為に最適な方法です。

このページをご覧の方は次のページも読まれています

ヒゲを半永久的に薄くする方法